同窓会会則

東京都立農産高等学校同窓会会則

第一条 本会は東京都立農産高等学校同窓会と称し、事務局を東京都立農産高等学校内に置く。
所在地 東京都葛飾区西亀有一丁目二十八番一号
第二条 本会は母校の発展と会員相互の親睦を図り、その向上を期することを目的とする。
第三条 本会は次の会員をもって組織する。
一、普通会員 東京都立農芸高等学校下千葉分校卒業生及び、東京都立農産高等学校卒業生
一、特別会員 東京都立農産高等学校現職員及び同校旧職員
第四条 本会の目的を達成するために次の事業を行う。
一、講演会 講習会 研究会
一、会報の発行
一、母校の発展と生徒の奨学を図るための適当な賛助
一、その他役員会が適当と認める事項(役員会の判断)
第五条 卒業年度の各級より、原則として二名の代議委員を選出する。
第六条 一、会長は必要に応じて役員会を開くことができる。
第七条 名誉会長 一名(東京都立農産高等学校長を推戴する。会務について意見をのべ相談に応じる)
顧問  若干名(歴代会長及び特別会員の中から依頼する。会務について意見をのべ相談に応じる)
会長   一名(本会を代表し、会務を総理する)
副会長  二名(会長を補佐し、会長事故ある時は会長の代行をする)
庶務  若干名(会合の記録などを整理し、一般事務を司る)
会計   二名(金品の出納事務を司る)
会計監査 二名(会計を監査する)
第八条 役員は原則として総会に於いて選出する。
第九条 役員は正当な理由なくして辞任することができず、任期は二年とする。但し再選は妨げない。
任期終了後も後任が就任するまで、旧役員は職務を行う。欠員の生じた時は役員会で補充社を選出する。
第十条 役員会は、会務の処理と重要事項の議決を執行する。議決は出席者の多数決とする。
第十一条 本会は原則として隔年一回の総会を行う。なお、必要に応じて臨時総会を開くことができる。
第十二条 本会の経費は、普通会員の会費、その他の収入をもってこれにあたる。
第十三条 普通会員は入会の際、終身会費として五千円を納入する。ただし物価の変動に伴い変更する必要のある場合は、役員の議決によって暫定会費を定める。
第十四条 会則の変更は総会に附して総会がこれを決定する。
第十五条 本会の事業年度は総会に始まり、次期の総会に終わる。
第十六条 本会則は、昭和三十四年二月より実施する。(改定 平成二十三年十一月)
附則 同期会開催の補助金制度について
本会は会員が同期会の開催を予定し、本会計事務局に開催を通告し、次の事項を遵守した場合のみ、補助金を受け取ることができる。
(1) 同期会の開催を予定するクラスは、幹事を一名以上選出し、同期会開催日の一ヶ月以前に、代表幹事が本会事務局に通告すること。
(2) 補助金(通信費等)は、二クラス以上での同期会を対象とし、一クラス五千円とする。
(3) 代表幹事は、同期会終了後、参加者名簿を作成し、各クラス全員の現状(現住所、電話番号)を提出すること。尚、提出された名簿は同窓会事務局にて管理し、一般には非公開とする。
(4) 名簿の提出期限は、同期会終了後一ヶ月以内とする。
(5) この補助金制度は、五年を経過した後、再度利用できる。
(6) 本附則は、今総会議決後平成二十三年十一月六日より適用する。

Page Top


Comments are closed.